-- お引っ越ししました --
--.--.-- (--) 
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | PageTop | Edit |
2004.09.23 (Thu) 
 愛馬の日
JRA
馬に会ってきました。

毎年恒例の「愛馬の日」イベント。

世田谷区にある馬事公苑で開かれています。
日本中央競馬会創立50周年記念馬事イベントデー 第36回愛馬の日
……が、(長いですが)正式名称です。
伝統馬事芸能五団体の紹介を中心に、華麗なるアンダルシアンやポニーの演技など馬のアトラクションの数々で、是非一日お楽しみ頂ければ幸いです。
(※パンフレットより)

馬車の馬
馬車に乗ることができるのですが、
3才~12才までの児童および50才以上の方

……という微妙な設定のため、親子連れも乗ることが難しいです。
祖父母と孫、という組み合わせがオススメです。
馬車をひく馬は、脚の毛がふさふさで、とてもカッコイイです。

鈴懸馬
鹿児島県神宮・初午祭りの呼び物、「鈴懸馬」。
なでてあげてくださ~い!写真を撮ってあげてくださ~い!」
……との声に見ると、ちんまりと七五三のような馬が静かにいる。
おとなしくなでられてました。

より道
より道してみました。
(YOU CAN MEET HORSES ON THIS PAVEMENT)
馬が。
白い馬がコチラを見てました。
人が近づくと、よってきます。
馬は、意外と人なつこいのです。

一馬号
小柄な馬がいました。
私を見つけて、(私を)見に来ました。
名前は、一馬号。
毛の色は「河原毛」。
昭和62年1月24日生まれです。

一馬さんのプロフィールボードを良くみてみると
希少野生動植物登録記号番号」…の記入がありました。
この馬、見た目通りの蒙古馬(モウコノウマ)のようです。

品種は「ブルツェワルスキー」とあり、出身地(産地)は千葉。
聞いてみると、海外から贈られた馬を両親に持ち、日本で初めて生まれた蒙古馬とのことでした。
こんなところで、そんな馬に出会うとは思いませんでした。
しかも、やけに人なつこい。
その逆立ったたてがみをなでてあげたい…、と思いつつ帰路につきました。

…実は本当の目的はトウモロコシ。
開田高原直送のトウモロコシは、毎年とても甘くておいしい。
焼きトウモロコシ、とゆでたのと、生でも売っています。
お出かけの際はオススメです。

LiveSTRONG
電動アシストでもLiveSTRONG。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
楽チンよ~と奨められました。

2004/09/23(木) 21:08:19 | URL | ふにゅ | [ コメントの編集 ]
そうなると普通の自転車以下の存在になります(--;)

2004/09/24(金) 11:20:25 | URL | Bake | [ コメントの編集 ]
コメントを投稿する
※コメントがうまく入らないことがあります。
※お手数ですが確認していただけるとありがたいです。
URL :
Comment:
Pass :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。