-- お引っ越ししました --
--.--.-- (--) 
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | PageTop | Edit |
2004.11.04 (Thu) 
 ランドマークとしての富士山
29日の日没前
10月29日の夕暮れです。

【東京自転車生活】のjinxさんの10月29日の記事のコメントの中で
「富士山の真上に夕陽が落ちる」という話が出ていました。

富士山の真上から日が昇ることを、『ダイヤモンド富士』と“富士山業界”ではいうそうです。
反対に、夕陽が富士山の真上に落ちることは、『逆ダイヤモンド富士』というそうです。
11月2日にUPした写真は、逆ダイヤモンド富士、ということになります。
……実はちょっとずれていますが、ご了承下さい。
(ゆきさん、情報提供ありがとうございました)

位置によっては、真上に落ちないんですね、当たり前なんですけど。
数学や地理の得意でない私ですので、いまさら気づきました。
28日の場合は、若干移動すれば、ぴったり真上に落ちたんですね。
おしい。

そこでjinxさんの29日の写真と、自分の29日の写真を見較べて見ました。

TOPの写真を拡大してみます。

29日の夕陽と富士山の位置はこんな感じ。
この辺は、たいして違いも見られないようなのですが
富士山の位置

jinxさんとこでは富士山の隣においしそうに“じゅぅ~”と沈んだ夕陽。
私の写真では、富士山の裏に落ちてしまっています。
しかも、ほぼ、真うしろみたいですね。
沈んだ

富士山、夕陽、と位置を合わせようとすると、急に自分の居場所が見えてきました。
しかも富士山はどっかりと場所を動きません。
さらに、かなり遠くからでも確認することが出来ます。

写真を撮影した時間と高度がわかれば居場所が割り出せますね。
すばらしい。悪いことはできません。



すぐできるカシミール3D図解実例集〈1〉初級編
すぐできるカシミール3D図解実例集〈1〉初級編
杉本 智彦
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いいなあ~bakeちんっ♪

2004/11/04(木) 22:33:33 | URL | poka | [ コメントの編集 ]
Bake先生、科学的には逆ダイヤは年何回見られるのでしょうか?

1970/01/01(木) 09:00:00 | URL | jinx | [ コメントの編集 ]
Bake先生、科学的には逆ダイヤは年何回見られるのでしょうか?

1970/01/01(木) 09:00:00 | URL | jinx | [ コメントの編集 ]
自首します m(_ _)m

1970/01/01(木) 09:00:00 | URL | jinx | [ コメントの編集 ]
こういうポイントに遭遇してみたいです!

1970/01/01(木) 09:00:00 | URL | Youyounonbiri | [ コメントの編集 ]
難しそうなので手をつけてません(+_+)

2004/11/05(金) 10:31:33 | URL | Bake | [ コメントの編集 ]
私のように「たまたま」とかいう人はあまりなさそう…。

2004/11/05(金) 10:37:08 | URL | Bake | [ コメントの編集 ]
コメントを投稿する
※コメントがうまく入らないことがあります。
※お手数ですが確認していただけるとありがたいです。
URL :
Comment:
Pass :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今日の夕日です (^^)v...
1970/01/01(木) 09:00:00 | 東京自転車生活
午後4時を回
1970/01/01(木) 09:00:00 | KAIGAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。