-- お引っ越ししました --
--.--.-- (--) 
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | PageTop | Edit |
2005.03.28 (Mon) 
 コブシの花が見頃です
050326_goto_isidan.jpg

コブシの花が見頃です
・・・と五島美術館(東京都世田谷区)の前に貼り紙がでていました。
見頃と言われるとついついふらっと入ってしまいます。

冒頭の石段。
色んな石が使われていて面白いです。
石段だけでなく、散策路に敷かれた石は色々あって
何の用途か穴が開けてあるものもあって・・・
(でも、上品なヒールの奥様が軒並みつまずいてました。)

こちらは足元に敷いてあった臼。
なぜか庭園にはつきものですね。

050326_goto_usu.jpg

花のいい香りがしたので見上げてみたら・・・

050326_goto_kobusi01.jpg

これがうわさの、上野毛のコブシです。
下の方から見上げると、より一層大きく見えます。

050326_goto_kobusi02.jpg

東京都の指定天然記念物になっています。
かなりの老木だそうで、推定樹齢250年、高さは12m。
だいぶ折れやすくなっているそうです。

050326_goto_kobusi03.jpg

何株立ちなのかは見てこなかったのですが、
こうして倒れて、徐々に減っていくのかな。
さみしいです。

050326_goto_kobusi04.jpg

コブシの上の方まで上がってきました。
すばらしい眺望。
見晴台庭園と名前がついていました。

概ね3年に一度満開となります、と説明のあったこのコブシ。
前回の満開は2002年でした。
ということは2005年、今年の春は満開だったのかな?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
辛夷の巨樹は見応えがありますね。3年に一回しか満開になれないと言うことは、弱ってきているのかなあ。いつかはいなくなってしまうのかもしれないけれど、出来るだけこうした美しい姿を見せてほしいと思ってしまいます。

2005/03/28(月) 22:29:12 | URL | 三宅信光 | [ コメントの編集 ]
Bakeさん、こんにちわ。
3年に一度しか満開にならないコブシって貴重ですよね。是非見てみたいなぁって思いました。 Bakeの写真を見ていたら五島美術館の庭園も散歩してみたくなったし、ますます暖かい春が待ち遠しいです。

2005/03/29(火) 08:51:10 | URL | きのこ | [ コメントの編集 ]
■三宅さん、こんにちは。
上野毛のコブシは推定樹齢250年という老木です。
肥料を沢山あげたら翌年は沢山さいてしまったという話もありました。
「ムリせず」そこにいてほしいなと思ってます。

2005/03/29(火) 09:45:52 | URL | Bake | [ コメントの編集 ]
■きのこさんこんにちは。
満開にならない時は3分咲きくらいだそうです。
でも、これが満開なのかどうなのかが私にはわからないんですが・・・(^^;)

五島美術館の展示をみがてら庭園散策がいいですね。
崖線沿いの急傾斜地を歩いたりするので、歩きやすい靴がいいかもです(^^)

2005/03/29(火) 09:49:43 | URL | Bake | [ コメントの編集 ]
コメントを投稿する
※コメントがうまく入らないことがあります。
※お手数ですが確認していただけるとありがたいです。
URL :
Comment:
Pass :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。